2019年 第10回学術総会 10月6日 於)東京大学

 

【タイトル】WAARM第10回定期学術総会 (1)~認知症は治るのか~(2)歯科領域における老化とその治療

【日時】 2019年10月6日 日曜日 10:00-16:00  終了後懇親会 16:00-17:00

【受付】 9:30より

【講演】 

①「アルツハイマー型認知症治療の現状と展望」

  下濱俊(札幌医科大)

②「脳の神経細胞の障害とその制御」

  久米利明(富山大学薬学部)

③「下候頭遍位症と抗老化」

  山本伊佐夫(神奈川歯科大学)

➃「加齢に伴うオーラルフレイルを考える~超高齢社会への歯科医療の責任~」

  笹本祐馬(日本大学歯学部/マーブルファミリー歯科クリニック院長)

⑤「間葉系幹細胞~研究と治療の実際~」

  太田裕貴(東京慈恵会医科大学/サンフィールドクリニック)

⑥「中高年における、軽老化長寿医学としてのテストステロン療法~生き甲斐の促進を!~」

  熊本悦明(札幌医科大)

【実演】

⑦「発声医学療法の勧め~認知症とうつ病~」

  野口千代子(日本発声医学協会会長)

 

【場所】 東京大学 伊藤国際学術研究センター アクセス

【講習費】
 ■【WAARM会員】:5,000円 (事前料金3,000円(8月末迄)
 ■【会員以外の方】:10,000円  (事前料金8,000円(8月末迄)

 セミナーより事前にご入会頂いた時点で会員料金です。この機会にWAARM会員登録願います。
 (入会金:10,000円 年会費:10,000円 WAARM事務局までお問合わせ願います。)
  http://waarm.or.jp/join/

【定員】 350名

【対象】 医師、歯科医、医療系関係者、企業

【パンフレット】 PDF二枚組 こちらよりダウンロードして下さい。WAARMseminar20191006

 

 

お問合せ

学会についてのご相談やお問い合わせ・ご入会方法等お気軽にお問い合わせください。